福祉の世界にあたたかい風を

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
トップページ > 施設だより > 施設だより【フレンズ】バックナンバー

フレンズの施設だより

 2016年8月16日 フレンズの夏休み
①泡で遊ぼう!

まずは、固型石鹸をおろし金で細かくおろしていきました。そこに少しずつ水を加えて、泡立て器で混ぜていくと…ふわっふわのクリームになりました♪

普段は怒られちゃいますが、今日は特別!泡の感触って気持ち良いですよね♪

今回は、そのクリームにレモン・オレンジ・メロンシロップを加えてみました。自分の好きな色のクリームを作ったり、友だちと交換し合ったり、地面に塗り広げて見たり、大きなお皿に入れてケーキにしたり、それぞれに感じたままを楽しんでいました。

終った後は、みんなで洗濯。せんたくかあちゃんになった気分で、自分の服を洗いました!
1 (300x169)


2 (300x225)
②手芸遊び

今年、高学年の仲間入りをした子どもたちに、手芸遊びを教えてみました。

本物の針と糸、フエルトを持って、裁縫です。

針に触るのも初めてだったのですが、とっても楽しかったようで、夢中になっていました。

今回作った作品は、室内のままごと遊びでみんなが使います。自分が作ったものがみんなの役に立つなんて、嬉しいですよね!

そういう気持ちの積み重ねが、将来の就労につながっていけたらいいな…と願っています。

それにしても、みんな予想以上に上手。「もっとやりたい!」「次は◯◯を作りたい!」そんな声が聞かれた活動になりました。

そしてなんと!帰ってからお母さんに裁縫の話をし、家にあったフエルトで自分の作りたいものを作って見せてくれた子がいました。

こうして、活動によって子どもたちの趣味の世界を広げていけるのは、とても嬉しいことです。これからも、子どもたちの生活に繋げていけるような活動や遊びが提供できると良いなと思います。
3 (300x169)

4



鈴木


 2016年 7月15日 短冊に願いを込めて…

7月7日、七夕。

みなさんは、短冊にどんな願いを込めましたか?

 

今年の七夕の会では、それぞれに書いた願い事を、ひとりずつ、みんなの前で発表しました。

「自転車に上手に乗れるようになりたい」「大きくなったら○○になりたい」「毎日元気に楽しく学校に通いたい」「フレンズのおやつで○○が食べたい」…。願い事がとってもかわいくて、みんなほっこりしました♪(あ! 職員も願い事を発表しましたよ・笑)

 

フレンズに飾る短冊は、事前に家に持ち帰り、おうちの方と一緒に書いてきてもらいました。おうちの人に字を教えてもらいながら書いた子や、シールなどを使って装飾してくれた子もいて、「お母さんと一緒に書いて楽しかったよ。」と話してくれた子もいました。行事を通して、ほんのわずかな時間でも親子の時間を楽しむことが出来たのは、嬉しい限りです。

 

大事な願い事を書いた短冊は、ひとりひとり職員と一緒に結び、玄関に飾りました。

みんなの願い、叶うといいですね…

 

045 (225x300)

030 (225x300)



鈴木


 2016年 6月17日 フレンズに花を咲かせましょう♪

…と言わんばかりに、5色のお花紙をまいているのは、フレンズの花咲父さん、サビ管の澤田さん!

 

今日の活動は、「お花紙で遊ぼう!」。まずは、ひとり5枚~10枚のお花紙を繊維に沿ってちぎりました。ちぎるためには指先の力が必要ですが、手元をよく見ながら職員と一緒に頑張りました。

次に、できあがったものを部屋の真ん中に集めて…「いち、にの、さん!!」で、うちわを使って仰ぐと、部屋中にお花紙が舞い上がりました!「わぁ~!!きれい♪」きれいなお花紙に、みんな大興奮!!

そして今度は、職員が上からまくと、5色の花吹雪が舞いました。花吹雪の下を大喜びで飛びまわったり、下からうちわで仰いでさらに高く舞い上げたり…子どもたちと一緒に職員も美しさを感じながら、楽しい時間を共有しました。

 

 そして、たっぷりと楽しんだこのお花紙は、翌週の活動で、さらに子どもたちの手でリメイクされ、きれいな魚に生まれ変わりましたよ!

P_20160610_1515301111


DSC00280 (300x225)

DSC00332 (300x225)




鈴木

 2016年5月18日 気持ちの良い1日

学校休業日を利用して、清水の浄化センターへ遠足に出かけてきました。

この日は、お天気にも恵まれて、とっても気持ちの良い1日。アスレチック遊具や、広い芝生でのボール遊びやたこあげ、園内散歩など、職員との時間を満喫して過ごしました。

 

子どもたちと一緒に園内を散歩していると、一面に海が広がっているのが見えました。

そして、目の前に大きな船が。

「わぁ~船!!」「お~い!!

みんなで手を振ると、乗船していた方が大きく手を振ってくれました。

 

船と海をながめながら、職員が「うみ」の歌を口ずさんでいると、なんと!隣で子どもたちが一緒に歌い始めたのです。

「うみ」は、文部省唱歌なので、学校の音楽の授業でうたって覚えていたのでしょうね。

本物の海を見ながら歌えるなんて、とっても素敵♪私は、穏やかな波と大きな船を見ていたら、思わず歌いたくなってしまったのですが、それは子どもたちも同じ気持ちだったのでしょうか…。

海を見ながら食べたお弁当は、格別だったかもしれませんね!

フレンズに帰ってきてからも、「うみ」の歌をうたいながら、遠足の余韻に浸っていましたよ。

 

  DSC_0035 (300x169)





IMG_1216 (300x225)



鈴木
 2016年4月15日 真剣…だから面白い

「ひとつの活動が単発で終わってしまわないように、日頃の遊びがステップとなって本番を迎えるような活動を取り入れていきたいです。」

フレンズ会議の中で、こんな議題が出ました。

毎日の活動を通して、楽しく遊びながら個々の育ちを支えていますが、より子どもたちが経験を積み重ねていけるように…と願い、話し合いの結果、“ひとつの遊びを深めていってみよう!”ということになりました。

 

そこで提案された遊びが、「ツムツムゲーム」。“積む”経験や楽しみを味わえるように、個別やグループでの楽しみ方を考えました。そして、このゲームが子どもたちの身近な物になっていけたら…と思い、道具も子どもたちと一緒に制作しました。

 

始めは、同じ形の物をたくさん積んでみる遊びを行い、徐々にステップを上げていきました。本番では、いろいろな大きさや形の物を用意し、サイコロの目と同じものを、両手を使って真っ直ぐに積み上げていくという遊びをチームで対戦。簡単そうに見えて難しい遊びですが、積み上げていくごとに手のひらで感覚をつかんでいったようで、気付いたらみんな真剣な表情を見せていました。高く積みあげるにつれてぐらつきはじめると、ドキドキ感やワクワク感が部屋中に伝わり、上手く積みあげた時は、みんなで喜び合いました。おそらく、職員が一番盛り上がっていたと思いますが()、その雰囲気が大事なのでしょうね♪

 

職員や友だちと一緒に経験をし、同じ何かを感じたこの遊び。こういった経験の積み重ねこそが、子どもたちの心や社会性を育んでいくのではないか?と感じさせられました。

個別、チーム戦どちらも楽しめる「ツムツムゲーム」は、これからももっと広がりを見せてくれそうです。



P_20160309_145936 (225x300)


P_20160316_153022 (225x300)



鈴木
 2016年3月16日

春の花を探しに行こう!

フレンズは住宅地の中にありますが、ちょっと歩くと自然がたくさんあります。

いつものように子どもたちと散歩をしていると、「トレジャーアイランド」(公園)から少し南に歩いたところに裏道を発見!(私が小さい頃は、こういう場所がたくさんあったので、発見した時は懐かしい気持ちでウキウキでした・笑)「カーブの先はどうなっているのかな?」「どんな花が咲いているのかな 」と、みんなでワクワクしながら歩いていくと、かわいらしい春の草花が、私たちを出迎えてくれました。

職員が用意した草花の写真をもとに、「なのはな」「なずな」「ホトケノザ」の3種類の花を探しました。探すといっても、ただ歩いているだけでは見つからず、しゃがんだり前かがみになったりして、じっくり探すのがコツ。職員がヒントを出すと…「あった~♪」みんなで摘み、手に取って草花観察会。普段手に取ってじっくり見たり触ったりすることもないので、すごく夢中になっていました。

また昨日の活動では、自分で摘んだ花を入れられるように、ペットボトルを使って探検バックを制作し、今日はそれを肩からかけて裏道に出発!新たに、たくさんのツクシが顔を出していました。次から次へと私たちを楽しませてくれています。

 

摘んできた花は大事に持ち帰って玄関に飾ってあります。

迎えに来られる保護者さんにも、春を楽しんでいただけたらいいな…と思っています。

DSC06165 (480x640)

DSC06204 (640x480) (300x225)

DSC06215 (1) (640x480)



鈴木
 2016年3月16日 ひなまつりお茶会

フレンズでは、3月2日・3日に、ひなまつりお茶会をしました。

 職員の中で、「ひなまつりと言えば、給食で出たひし形の3色ゼリーだよね!子どもたちにも食べさせてあげたいね!」という話になり、いろいろなお店に問い合わせをしてみたのですが、今回は残念ながら入手できませんでした。

 …というわけで、今回はゼリーのもとを使って、職員が3色ゼリーを作りました。出来上がったゼリーは、子どもたちが透明のカップに入れたのですが、キラキラ・ぷるんぷるんのゼリーに、みんなの心もワクワク❤あまりの嬉しさに、友だちがやっている時に何度ものぞきに来た子もいました(笑)。

子どもたちに3つの色の由来を話すと、みんな興味津々!!(ピンクは桃の花、白は雪、緑は新芽、春の訪れを表しているそうです。)

 そして飲み物は、白酒の代わりにカルピスを飲みました。普段飲みなれないのか、受け付けてくれない子が多かったのですが、翌日にもう一度、ほんの少しだけ挑戦すると、(あれ?これ美味しいかも…)と感じたようで、全員飲むことができ、おかわりもしていましたよ。みんな、成長しましたね♪

 

 ようやく、フレンズにも春が訪れたようです。

  DSC06083 (640x480)

DSC06141 (640x480)



鈴木
 2016年2月19日 オニが仲間を迎えにくる!? オニ退治大作戦

『フレンズのこどもたちに

おれたちのなかまはいないか?

2月2日に むかえにいくぞ! おにより』

 

1月25日(月)、フレンズの玄関にこんな手紙が貼ってありました。職員が「オニのなかまってどんな子だろう?みんなの中にこんな子はいないかな?」と問いかけ、おこりんぼう・いばりんぼうのイラストを使って話をしました。「お友だちにいばっている子の顔って、オニの顔にそっくりだね~!!こういう子はいない?」そんな話をすると、「私、お友だちのおもちゃを取っちゃったことがあるよ…」と教えてくれる子も。(素直でかわいいですね。笑)そんなかわいい子どもたちのために、オニ退治の技を伝授。活動で、オニ退治の練習「まとをねらって豆(ボール)を投げよう!」をしました。初めは手からボールが離れず、上手く投げられなかった子も、経験を積み重ねていくうちに、ボールが手から離れて投げられるようになっていきました。

 

 たくさん練習したし、これで大丈夫!!

・・・と言っていた子どもたちも、当日学校から帰ってくる表情は元気がなく、不安でいっぱい。そして、ダンスを踊っている最中に怖い音がして、3匹のオニが!!急いでバリケードの中へ逃げ、必死にボールをぶつけました。練習の成果もあって、大成功。ばんざ~い!!

 オニが去った後は、福の神が登場して、お待ちかねの福まき。みんなでお菓子を拾いました。自分で作った花のバックに入れ、大事に持ち帰りましたとさ。めでたし、めでたし。






DSC05763 (240x180)

DSC05781 (240x180)



鈴木
 2016年1月14日 新春すごろく大会

2016年がスタートしました。

 

お正月の行事や遊びとして、初詣、書き初め、凧揚げなどを楽しみましたが、みんな大笑いで始まった縁起のいい遊びは、何と言っても『新春すごろく大会』ではなかったでしょうか。

その『新春すごろく大会』とは、職員お手製のすごろくで、マス目には12支の動物が置かれています。

動物マスの下には、その動物にちなんだ指令が書いてあり、今年の干支である、さるのマスには、「さるのマネをする」と書かれています。12支以外のマスには、職員の写真が貼ってあるシークレットカードが置かれました。

みんな、動物のマネや動きがとっても上手!!日頃のリトミック効果でしょうか ?

 

今回は2チーム戦で行いました。チームに分けることで、自分の出番だけでなく同じチームの仲間を応援することもでき、みんなと一緒に遊ぶ楽しさを味わっていました。さいころで大きい数が出ると「やったぁ♪」とハイタッチを交わして喜び合う子も。微笑ましいです。

 

みんなで大笑いして始まった2016年。

笑う門には福来る。

今年も楽しい一年になりそうです♪



P_20160108_151222 (240x180)




P_20160108_152517 (240x180)



鈴木
 2016年1月14日 フレンズの冬休み

フレンズの冬休み ①クリスマス会

 

 フレンズの子どもたちはクッキングが大好き。そこで、今年のクリスマス会は、電子レンジでできる裏ワザ容器を使ってホールケーキに挑戦♪みんな興味津々で、職員の説明を真剣に聞きながらたくさんの工程を順番にこなしていきました。

そのかいがあってなのか(?)ケーキが苦手な子が多い中、今年はほとんどの子がケーキをぺろり♪ちょっぴり苦手な子も、少し口にすることが出来ました。すごいですね。

 

 そして今年も、フレンズにサンタさんが来てくれました。

とっても大きな箱の中には…プレゼントがいっぱい!!

サンタさんが怖い子も、優しい雰囲気にホッとしたのか、自らプレゼントを受け取りに行ってくれてビックリ!

 とても素敵なクリスマス会になりました★

 

 

レンズの冬休み ②こども忘年会

 

フレンズでは、一年の締めくくりとして『こども忘年会』を開催。

午前中は、昼食用のランチョンマットの制作や室内の装飾をしたり、お弁当を取りに行ったりと、みんなで準備をしました。

そして、お待ちかねの昼食は、愛誠会の事業所のひとつである、『つぼみ』のお弁当パーティー。みんな夢中になって食べていましたよ♪

午後は、ボウリング大会の後、景品のおやつを食べながら、会話も弾んでいました。

 

みんなで笑い、楽しく終了した忘年会でした。



P_20151223_150245 (240x180)

DSC05490 (240x180)

P_20151228_120654 (240x180)

P_20151228_121104 (240x180)



鈴木
 2015年12月10日 素敵な1日♪

フレンズから少し歩くと、麻機遊水地があります。

麻機遊水地では、季節ごとにたくさんの野草や昆虫、魚、鳥などが見られ、フレンズのみんなも、遊水地散歩を楽しみにしています。

 

昨日もいつものように遊水地まで行くと、カメラを持ったおじさんが、「おいで!おいで!」と、私たちに声を掛けてくれました。なんだろう…と思って近くまで行くと、そこには灰色の大きな鳥が!

すると、もうひとりのおじさんが、「あれはコハクチョウのこどもだよ。」と教えてくださいました。その方は、野鳥の会の静岡支部で副支部長をされている伴野正志さんで、『麻機遊水地の自然』という冊子の掲載もされている方でした。

伴野さんは、子どもたち一人ひとりに大きな望遠鏡を使って見せてくださったり、解説してくださったりと、ミニ観察会が始まりました。鳥に釘付けになっている子や、覗いた瞬間にびっくりしてレンズの反対側を見ている子もいて、貴重な体験をさせていただくことが出来ました。

また、いつも遊水地のポールにとまって休んでいる鳥がいて、今までずっと気になっていたのですが、その鳥の正体も望遠鏡を使って教えてくださり、有意義で、素敵な時間を過ごすことが出来ました。伴野さん、ありがとうございました。

コハクチョウにも出合うことが出来、地域の方との交流も楽しみ、貴重な体験もでき、とてもいい一日でした。

 

コハクチョウが麻機遊水地で見られるのは3年ぶりで、このままここで冬を越せば、2月くらいまで見られるそうなので、ぜひ足を運んでみてください。


DSC_0033 (240x135)


DSC_0036 (135x240)


DSC_0051 (240x135)



鈴木
 2015年11月17日 芸術の秋

先日、愛誠会の就労施設である「ワーク薬師」から、内職で出た廃材(クラフト紙)をいただきました。

薬師では、その廃材を使って販売用の袋を作っていますが、今回フレンズでは、その紙を使って絵の具遊びをしました。

 

クラフト紙をテープでつなげて、つなげて…なが~い紙のできあがり!

「みて~♪くち!」

「ぐるぐるぐる~」

「びゅ~ん!」

などと言いながら線を描いたり、友だちや職員と夢中になりながら筆を動かしたりして楽しんでいました。

また、絵の具の感触をじっくり楽しみながら描いている子や、点や線、面など、色々な描き方を楽しんでいる子もいて、“描くって楽しい♪”そんな思いが子どもたちからたくさん伝わってきました。

そして、帰りにお迎えで保護者さんに様子をお伝えすると、「ん~これは何かに見えませんかねぇ…」と、子どもの作品を温かいまなざしで見つめるお母さんがいらっしゃり、私たちも心が温まりました。

子どもたちが描きたいな!楽しいな!という気持ちをかなえてくれる絵の具は、本当に優れものです。今回は4色でしたが、色を増やしたり、色を混ぜたり、土台を変えたりすれば、遊びは無限大!これからも、子どもたちの感性を引き出していけるような活動をたくさん取り入れていきたいと思います。

 

DSC04976 (240x180)


DSC04979 (240x180)


DSC05025 (240x180)



鈴木
 2015年10月26日 フレンズ運動会

「みんなが輝いている姿をたくさん見つけたい!」

「みんなの頑張っているところをみんなで応援しよう!」

そんな思いから、フレンズの運動会を開催しました。

普段の活動で行っているサーキットなどの運動遊びを7つの個人選抜種目に入れ込み、個々に得意としているところや、輝けそうなところが見られる種目にメンバーを入れていきました。

 

競技が始まると、私たちが想像していたものをはるかに超える反応が!!

 

ラジオ体操では、「みんなの前でやってくれる人?」の突然の問いかけに、二人の子が張り切って手を挙げてくれ、お手本を見せてくれました。その姿を真似て、みんなとても上手に体操が出来ました。

 

応援合戦では、みんなの手作りの応援グッズを使い、一人ひとりの名前を呼んで応援し合いました。名前を呼んでもらえるのはとっても嬉しかったようです。

 

競技では、一つひとつの種目を楽しんでいる姿がたくさん見られ、また応援している子も、友達の楽しそうな姿を自分の事のように一緒に楽しんで、たくさん応援してくれていました。

親子競技にちなんで行った、職員との二人三脚は、足がもつれそうになっていた職員も…(?)

普段運動があまり得意ではない子も、「運動会、楽しかった人?」の問いかけに、「はーい!!」と真っ先に手を挙げてくれました。

 

はじめの言葉・おわりの言葉も、出だしだけ助けてあげると、最後まで自分の力で言うことが出来ました。

 

そして頑張った最後に、金メダルを澤田さんから一人ずつかけてもらうと、とっても素敵な笑顔を見せてくれました。

 

子どもたちも、そして職員も、みんなで最高の笑顔をたくさん見せ合うことが出来て、とっても楽しい運動会になりました。

 

一人ひとりが輝ける運動会、大成功!!

 

DSC04683 (240x180)




DSC04648 (240x180)




DSC04781 (240x180)



鈴木
 2015年10月13日 はたらくくるま展に行ってきました!

 9月19日(土)に、はたらくくるま展に行ってきました。

この日は晴天に恵まれて、気持ちの良い日。そして、シルバーウィーク初日ということもあり、親子連れでにぎわっていました。

 こういうイベントにみんなで行くのは初めてでしたが、職員が事前に用意した写真を見ながら、出発までの時間をとても楽しみにしており、会場に着くと大興奮!の子どもたちでした。

消防服を着せてもらったり、救急車の車内に入ったりと、普段はできない体験をたくさんさせてもらうことができ、とっても楽しんでいました。

そしてミニ電車は、なんと、フレンズ貸し切り!!

電車から見える景色は最高~♪だったのではないでしょうか。

 

 学校やフレンズ、各家庭などの社会経験により、こういった場所にみんなで行くことも少しずつできるようになってきているので、これからもいろんな楽しいイベントを探して、積極的に参加してみようと思っています。


DSC04393 (240x180)

DSC04365 (240x180)



鈴木
 2015年 9月22日 有永寮・フレンズ合同夏祭り

 8月の最終日に、今年も有永・フレンズ合同夏祭りを開催しました。

 7月に、職員が子どもたちに「今年も夏祭りをやるよ!」と話すと、「やったぁ!」「おまつり、たのしみだね~♪」と、友だちと一緒に喜んでいました。きっと、昨年楽しかった思い出が、経験として積まれているからなのでしょう。

 

 そして、今年は新たに、それぞれの部署でおみこしを作って当日かつごう!という企画も加わりました。おみこしは、夏休み期間を利用して、職員と子どもたちで少しずつ作り上げていきました。制作活動が大好きな子どもたちは、お祭りを通してもたくさんの経験ができ、帰りのお迎えの時に、おうちの人に見せるのを楽しみにしていました。

 

 そして、いよいよ当日。1年生組は、やっぱり初めての経験ということで、少し驚いている子もいましたが、昨年経験した2・3年生組はというと、職員の手を離して友だちと一緒に各お店をまわれる子もいたり、昨年は初めての場所に驚いて泣いていた子も、今年は泣かずに楽しめていたりする姿も見られ、経験の大切さを改めて実感しました。

 

 お祭りも終盤にさしかかる頃、「わっしょい!わっしょい!」と、おみこしをかつぐ子どもたちの元気な声が、有永寮の廊下に響き渡り、お祭りをさらに盛り立てました。やっぱり子どもたちの元気な姿はいいですね♪

 

 楽しい夏休みも終わり、子どもたちは元気に学校に通っています。夏休みの経験は、きっと子どもたちを大きく成長させてくれたことでしょうね。

 

あ、もちろん 職員も。(笑)
DSC04165 (240x180)



DSC04195 (240x180)



鈴木
 2015年 8月14日 手作りおもちゃで遊ぼう!

 7月最後の週より、フレンズの夏休みが始まりました。

最初は生活のリズムが変わることで慣れなかった子もいましたが、少しずつ慣れはじめ、今ではフレンズでの夏休みを楽しんでくれているようです。

さて、職員も子どもたちに夏休みを楽しく過ごしてもらいたい!という思いで、いろんなアイデアを出しながら夏休み計画を立てました。その中の遊びをご紹介します。

 

【ロケットを飛ばそう!】

割りばし、ゴム、トイレットペーパーの芯を使い、仕掛けのあるおもちゃを作りました。

ロケットの部分(ペーパーの芯)をきれいに飾り、仕掛けを使って壁に貼ってある的をめがけて飛ばして遊びました。最初は仕組みがわからずに、手でロケットを投げて飛ばしてしまう子もいましたが、職員と一緒に手を離すタイミングを繰り返し練習すると、ひとりでも飛ばせるようになっていきました。遊びの面白さがわかったSくんは、帰りの迎えが来るまで夢中になって遊んでいました。

 

【おばけをやっつけろ!】

ロケット遊びをしている様子を見ていた別の職員が、「このロケットを使っておばけを倒す遊びをしたい♪」と、心を弾ませながら、遊びを発展していきました。活動の中で、子どもたちの大好きな(?)おばけの的を作りました。前回の遊びが活かされて、みんなとっても上手に飛ばし、おばけをやっつけてくれました!

 

“夏休みを楽しく過ごしてもらいたい”という願いは、子どもたちだけでなく、職員も夢中にさせてくれたようですね!

DSC04027 (240x180)




DSC03844 (240x180)



鈴木
 2015年 7月17日 77日に『たなばたの会』を行いました

「今日は何の日かな?」と職員が聞くと、「たなばた!」と子どもたちから声が上がりました。

みんなでたなばたの歌をうたったあと、子どもたちにもわかりやすいように、ペープサートを使いながら七夕の由来を伝えていきました。

話も終盤にさしかかり、「…そして、二人が会えるのが77日なの。でも天の川があって会えないよ。みんなで星を集めて天の川に橋をかけてあげよう!!」

ということになり、フレンズの施設内に飾ってあった星をひとつずつ探し、川に貼っていきました。

宝探しゲームように目をキョロキョさせて探したり、見つけた星をめがけて走って取りに行ったりして、みんなで力を合わせて星の橋を完成させていきました。最後のひとつになった時、高くて届かない所に星があり、どうしよう…と困っていると、急に、一人の女の子が手に持っていた星のスティックを振りながら、「そ~れ!そ~れ!」と魔法をかけているかのように言い出したのです。するする…っと星が手の届く位置に下りてきて…ぺたっ♪

「みんなの力で橋が出来て、二人が会えたよ~。」と職員が言うと、「やったぁ!!」と自然に拍手が起き、みんなで喜びました。

 

いつもは賑やかなフレンズも、この日は神秘的な世界にしっとりと包まれていました。


DSC_2839 (640x480)




DSC03642 (640x480)



鈴木
 2015年 6月18日 わらべうたで遊ぼう♪

音楽遊びが大好きなフレンズの子どもたち。リトミック活動、わらべうた遊び、そして今年度は、外部委託事業による楽器を使った音楽療法も始まり、みんな活動に楽しく参加しています。

そのなかで、今回は『わらべうた遊び』の様子をお伝えします。

 

『わらべうた』と聞いた時に、古くさいとか、馴染みがないなどという声を聞きますが、わらべうたは『子育てのうた』とも言われ、古くから歌い継がれています。良く知られているうたに「はないちもんめ」「なべなべ」「いっぽんばし」「げんこつやまのたぬきさん」「あがりめさがりめ」などがありますが、フレンズでは、たくさんのわらべうたの中から、いろいろなジャンルの遊びうたや、その季節のうたを組み込んで、集団遊びの時間として楽しめるように工夫しています。

 

ちなみに6月は…

・キャベツハ(しぐさあそび)

・おてぶしてぶし(あてっこあそび)

・なべなべ(2人組・4~6人組)

・いっぽんばし(職員と)

・てるてるぼうず(役交代の遊び)

・さよならあんころもち(しぐさあそび)

 

3040分程の時間ですが、とても楽しそうに参加しています。

この日特に盛り上がったのは、大人数での「なべなべ」。隣の子と手を離さずに返ることを決め、ちょっとドキドキしながら返ると…大成功!!思わず「やったぁ♪」とハイタッチしてしまいました。

わらべうたはうたいやすい音域のものが多く、子どもたちはすぐに覚えます。時々、「いっぽんばし」を職員にやって!と来てくれたり(逆に職員にやってくれたり)、友だち同士で遊び合ったりする姿を目にしますが、そうやって生活や遊びの中に浸透していけるといいな…というのが私たちの願いです。子どもたちが職員や友だちと触れ合って楽しく過ごす姿が見られるのを楽しみにしています。

 

DSC03283





DSC03293 (480x640)



鈴木
 2015年05月15日 お料理作ろう♪

フレンズの子どもたちは、ままごと遊びが大好きです。

自由遊びの時間には、パーティーごっこをしたり、お店屋さんをしたり、友だちや職員とかかわりながら遊びが盛り上がっています。

そんな子どもたちの様子から、新しい活動「お料理作ろう♪」を取り入れてみました。

 

今回は、洋食2種・和食2種のメニューの中から作りたい料理を選びました。

エプロンをつけると…シェフに変身♪

お鍋で麺をゆでたり、トングを使って写真を見ながら盛り付けたりしました。

出来上がった料理は職員に「どうぞ。」と運び、「これ、○○ちゃんが作ったの?美味しいね!!」と言ってもらえて大満足の様子で、子どもたちも夢中になって楽しめていました。「お料理作ろう♪」の一番のねらいとしては「マッチング」ですが、それと共に、トングを使うことで、手先の練習にもなるんです!

 

トングと言えば、子どもの頃に一度はパン屋さんで憧れた道具ですよね。ままごと遊びなら安心して提供することができ、子どもたちが遊びを通していろいろな経験を積んでいけるといいなと願っています。また、子どもたちが夢中になって遊んでいる姿は、私たち職員が「この遊びを取り入れてよかった!この仕事って楽しいな!」と思える瞬間でもあります。子どもたちが毎日を楽しく過ごしていけるように、これからも楽しい活動を取り入れていきたいと思います。



DSC02695


DSC02658


DSC02697



鈴木
 2015年04月14日 フレンズ2年目に入りました!

フレンズが開所してから、早くも2年目に入りました。

1年前は職員同士も顔を合わせたばかりで、何もないところからのスタートに不安と戸惑いの毎日でしたが、子どもたちの笑顔に支えられ、また保護者の方々と一緒に子どもたちの成長を喜び合いながら、楽しく過ごすことが出来ました。

今後も子どもたち一人ひとりに寄り添いながら、より良い施設になるよう努めていきたいと思います。

 

さて、4月1日よりフレンズに新しい友だちが増え、『はじめましての会』を企画。事前に自分の好きな色で折ったチューリップを使って、「僕()の名前は○○です。好きな色は△△です。」と、自己紹介をしました。職員が、飾ってあるチューリップの中から選んで「次は誰かな…?」と見せると「はーい!」と言って、ちょっぴり恥ずかしながらも上手に発表してくれました。

 

1年前はイスに座っていることが大変だった子も、会の時間に座っていることが出来たり、発表の時に立って一生懸命に伝えようとしたり、友だちや職員の発表に耳を傾けたりする姿を見て、“子どもたちの成長ってすごいなぁ!”と改めて感じることが出来ました。毎日の何気ない動作ですが、繰り返していくことで身についていくのですね。

 

新しい子たちも少しずつ慣れはじめ、活動を楽しみにしている姿が見られるようになってきました。職員一同、みんながフレンズに来ることを楽しみにできるといいな…と願っています。

 

DSC02463





163



鈴木
 2015年3月18日 ひなまつりの会

3月3日、フレンズでは ひなまつりの会がありました。

望未園の玄関に七段飾りのお雛様を飾ると聞き、当日フレンズの子どもたちを連れて見に行きました。女の子たちは、かわいい飾りを見て「かわいい~♪」と うっとり!

そして、職員がひなまつりの由来についての話をすると、みんな真剣に聞いていました。

みんなが特に興味を持ったのは、ひし餅の色について。雪の下の春の訪れを表していて、おやつに出すひなあられにも同じ色が入っていることを話すと、「あ、これはお花の色だ!」と友達や職員に見せ合いながら食べていて可愛かったです。

 

 

さて、フレンズの周りにも春がやってきました。

天気の良い日には、心地よい風を感じながら1時間ほど歩いていますが、散歩コースには、つくしや菜の花、野草が次々と顔を出しはじめ、運がいい時にはヘビに出合うことも!?

フレンズや望未園周辺には自然がたくさんあるので、子どもたちと一緒に春探しを楽しんでいきたいと思います。

DSC02179 (200x150)




DSC_2418 (200x150)



鈴木
 2015年2月16日 フレンズキッチン♪

今日はバレンタインデーですね!

バレンタインと言えば、『手作り♪』

…ということで、本日はフレンズのパパ、サービス管理責任者の澤田がフレンズの子どもたちと一緒にできる簡単おやつクッキングを企画しました。

 

今日のメニューは『スノーボール』です。

 

ビニール袋の中に材料を入れて…

まぜまぜ♪ もみもみ♪

よ~く混ぜないと 出来上がった時にムラができてしまいます。

まぜまぜ♪ もみもみ♪

混ざったら 丸めて レンジでチン♪

はい!できあがり~!!

 

子どもたちは、目をキラキラ輝かせていたり、レンジに入れてワクワクしながら待っていたりと、とっても楽しんでくれていました。

 

できあがったスノーボールは、おやつの時間にみんなで食べました。

サクッとしていて美味しかったね♪

DSC02107 クッキング (200x153)



DSC02110 クッキング (200x150)



鈴木
 2015年2月13日 フレンズに鬼が来た!

1月末に、フレンズに大きな手紙が届いていました。

『2月3日に おれたちのなかまをさがしにいくから まってろよ!!りゅうそうやまの オニたちより』

なんとそれは オニからの手紙だったのです。

「オニ、怖い~!!」と言っていたため、みんなでオニ退治をすることになりました。

まずは、みんなの力を込めた豆作り。新聞紙を「ぎゅっ!」と上手に小さく丸めることが出来ました。

次に、的に向かって豆を投げる練習。初日は的までなかなか届かなかったのですが、練習を重ねていくうちにだんだん上手になっていき、うまく当たるようになりました。

そして当日…。

みんなで集まって職員の話を聞いている時、突然

「フレンズの子どもたち、約束通り来たぞ~!!

と、赤オニと青オニが登場!!

あまりの怖さに泣き出してしまいましたが、みんな急いでバリケードの中に入ると、利用児のひとりの女の子が涙をこらえ大声で、「鬼は~外!鬼は~外!」と豆を投げ始めました。すると、みんなも続いてたくさん豆を投げ始め、無事にみんなでオニを退治することができました。バンザ~イ!!

オニが行ってしまった後は、みんなで年の数だけ福豆を食べました。

みんなが元気に楽しく過ごせますように…

DSC01999 鬼 (200x138)





DSC01994 鬼 (200x150)



鈴木
 2015年 1月16日 新年が始まりました!

明けましておめでとうございます。

それぞれの家庭で年末年始を楽しく過ごし、久々にフレンズに来た子どもたち。

「なむなむ(初詣)に行ったよ!」「おもち食べた!」「お年玉もらったよ!」と、楽しかったことを話してくれました。

フレンズではお正月の行事も楽しみました。

ししまいの共同製作、習字、だるま作り…

特に習字は、みんな初めての活動で、お家の方も「え、習字?本物の墨で書いたんですか?」と驚かれていましたが、ひとりひとり味があって素敵な作品になりました。新しいことにチャレンジしてみると、いろいろな発見や喜びにつながりますね!

そして、12日(月・祝)に初詣で浅間神社へ。

手を清め、お賽銭を投げて、一年の無事と安全を祈願してきました。

 

フレンズのみんなが一年元気に楽しく過ごせますように…

本年もどうぞよろしくお願いします。

DSC01801 (200x150)


DSC01799




 2014年12月19日 もうすぐクリスマス♪

12月に入り、街はクリスマスムードになりましたね。

フレンズでも、子どもたちがクリスマスの日を心待ちにしています。

リースの製作では、サンタさんのまわりに職員が用意したキラキラした可愛いシールをみて、「これ、かわいい~♪」と言いながら楽しそうに貼っていました。できあがった作品を飾ると…大きなクリスマスツリーのよう!!

ブーツの製作では、4色のブーツのなかから気に入った色を選びました。そこに自分が貼りたい絵や柄でおしゃれに飾っていき、仕上げに毛糸でまわりを編んで出来上がり!出来たブーツを持って、お友だちとトコトコ動かしながら笑い合っている子もいました。

みんな、製作がとっても上手になってきました。保護者の方々も、「うちの子はこんなことができるようになったんですね!」「一定の時間座って活動に取り組めるようになったんですね!」と、お子さんの成長をとても喜んでくださっています。

 

さて…

フレンズでは、12月22日にクリスマス会を予定しています。

どんなクリスマス会になるのかな?

サンタさん、来てくれるかな?

楽しみだね♪



DSC01577






DSC01579



鈴木
 2014年11月28日 お買いものごっこ

最近、子どもたちが楽しんでいる活動と言えば、お買いものごっこ。

お母さん(職員)に、「◯◯ちゃん、今日は△△と□□を買ってきてね!」と、買い物を頼まれて、お店役の職員のところまで買い物に行き、帰ってくるという遊びです。

皆、張り切って出かけていくのですが、手渡された買い物リストを頼りに商品を探して、「(これ)ください!」と伝える際に、ちょっぴり恥ずかしくてモジモジしたり、「ください。」と言えずに「これ。」と伝えたり…上手く伝えるのは難しいようです。

店員さんに「どれが欲しいですか 」「これをどうしたいのかな?」と聞かれ、答えるためのヒントをもらうと、「ください!」と言葉で伝えたり、指差し等のサインで知らせたりすることができます。

なかには、頼まれていないものまでこっそり買って帰る子もいますが(笑)ニコニコしながらお母さん役の職員の所に帰っていき、買ったものを嬉しそうに見せてくれる子どもたちの姿は本当に微笑ましいです。

今後は、好きなものを買ってきたり、活動で製作したものを買ったり、買い物活動をしたり、活動をより深めていきたいなと思っています。

DSC01317



鈴木
 2014年11月14日 ネックレス作り

フレンズでは毎日色々な活動をしています。

散歩やリトミック、サーキット、手先を使った活動やゲームなど、子どもたちが友だちや職員と毎日楽しく過ごせるように願って、リーダー職員が内容を考えています。

その活動のひとつ、タグ通し。

タグの小さな穴の中にひもを通していきますが、みんな真剣な表情で集中して取り組んでいます。

この活動は9月ごろから始め、繰り返していくうちにとても上手に早く通せるようになってきました。

そんな子どもたちの様子から、今日は活動を遊びへと発展!

ストローを小さく切ったものとパンチ穴補強シート、毛糸を使ってネックレス作りをしてみました。

自分の好きな色のストローを選び、補強シートと交互に毛糸へ通していきました。タグ通しの活動が活かされて、あっという間に完成♪

毛糸の端を縛って首にかけると…

「わぁ…♪」

とっても嬉しそう!おうちの方がお迎えに来た時にも、首にかけて嬉しそうに見せながら、一緒に喜び合っていました。

毎日の活動は、子どもたちが生活の中で楽しさを見つけていくためのヒントになっていきます。ひょっとして将来、オリジナルのアクセサリー職人になっている子もいたりして…

これからも活動や遊びを、もっともっと深めていけたら…と思っています。

あ




DSC01369 (1)




DSC01370 (1)



鈴木
 2014年11月13日 ハロウィンの会♪

1031日(金)にフレンズでは、ハロウィンの会をしました。

ハロウィンまでの間、かぼちゃのバックやおやつ交換券・魔法使いの帽子など製作をして、いよいよ当日。

自分で作ったバックや帽子をかぶり、変身をしてからサーキット!足跡をたどって、山を越えてトランポリンでジャンプ!!見事、おやつ券を受け取り、魔女さんのお店にお買い物に行くことができました♪


DSC01238

DSC01272




深澤
 2014年10月21日 絵本を楽しもう!!
 先日、麻機図書館へ絵本と紙芝居を借りに行ってきました。
図書館には大型絵本も置いてあり、子どもたちに見せると「わ~おっきい!!」と大喜び。この日は『おおきなかぶ』を読んだのですが、特大のかぶを本当に引っぱっているかのように迫力があり、「うんとこしょ、どっこいしょ!」と、絵本の世界に吸い込まれてしまうようでした。ただ単に大きくて見やすいだけでなく、絵本のよさをさらに大型絵本で引き出しているんだなと感じます。

 私たちはほぼ毎日絵本の読み聞かせをしていますが、開所して半年、子どもたちが座って絵本を楽しめるようになっていることに成長を感じています。絵本の時間を楽しみにしていて、早く支度を終えて着席しようと頑張っている子、職員が読み聞かせをした絵本を自分の手に取って再度楽しんでいる子もいます。
 
 絵本は心の食事。美味しいものを食べるのと同様に、子どもたちに心温まるお話をたくさん読み聞かせてあげたいです。そしてこれからも図書館を利用して、たくさんの絵本を楽しめる機会を作っていきたいなと思っています。

DSC01119



鈴木
 2014年9月19日 ブロックであそぼ♪

「学研ニューブロック」

みなさん一度はどこかで触れたことがあるのではないでしょうか?

もちろん私も、子どもの頃に友だちの家で遊ばせてもらった記憶がありますし、我が子は小学生になってもパーツを取り合いながら夢中になって遊んでいました。

あ

先日、個別の活動でこのブロック遊びを取り入れてみました。

職員の真似をしながら車の土台作り。タイヤをはめてひっくり返すと…「ビューン!」と走る姿に「わあ!!」と声をあげる子どもたち。たちまちブロックの魅力にとりつかれ、自分でどんどん組み立てていきました。そして、職員が人型ブロックを持って動かし、「車に乗せてくださーい」と声をかけると、「はーい」と言って乗せてくれました。

グループで遊べば、ごっこ遊びにも発展していけそうですね♪


 え

実はこのブロック、2015年には50周年を迎えるそうです。

良いおもちゃは、昔から変わらず遊びの面白さをシンプルに子どもたちに伝え続けてくれるのだなあと感じます。

ご家庭に眠っているという方は、ぜひ遊んでみてくださいね!

s



鈴木
 2014年8月29日 有永寮・フレンズ合同夏祭り開催

初の試みで、法人内にあるもう一つの放課後等デイサービス有永寮と合同夏祭りを開催しました。
6月に、企画担当者が子どもたちがどんなコーナーを設けたら楽しめるだろう…と悩み、意見を持ち寄っての会議からはじまりました。そして、制作物やお店の看板など、夏休みに子どもたちと一緒に少しずつ作り上げたり、アンパンマン音頭を練習したりしました。

…そして当日。
初めての場所に緊張してしまった子もいましたが、そんな子どもたちを優しく温かく迎えてくれた有永寮のみなさん。とてもうれしく思いました。そして、フレンズの子たちも緊張が解けたのか、笑顔をたくさん見せながら、職員や友達と一緒に楽しそうにお店をまわっていました。
私が子どもたちの姿の中で一番印象的だったのは、わなげの景品(おめん)をつけながら、「オレはこれを選んだよ!」「○○くんのもいいね!」「先生、これ(好きな絵のおめん)あったよ!」と、お互いに嬉しそうに見せ合っていた姿です。8種類の中から自分の欲しいおめんを選べるのは嬉しい事。そして今年は合同のお祭りということもあって、それぞれの部署で4種類ずつデザインを持ち寄れたことも、合同企画ならではだったと思います。
楽しい一日を過すごすことができ、いい思い出が出来ました。
これを機に、有永寮さんの職員や子どもたちの交流も深めていけたらいいなと思っています。

そして…
フレンズの夏休みも終わり。
この夏休み、子どもたちは大きく成長しました。
学校でも元気いっぱい過ごしてね!

あ



鈴木
 2014年8月15日 フレンズの夏休み
フレンズの夏休み 外出①~つたの細道公園~
いつもより少し遠出をして、つたの細道公園に行ってきました。
車を降り、少し歩くと…沢(さわ)が見えてきました。
それを見た子どもたちは、職員の手を引っ張って(早く沢に行こうよ!!)と大喜び。服が濡れることも気にせずにバシャバシャ入っていきました。
沢をよ~く見ると、サワガニ発見!石の下に隠れるカニを必死に追いかけている子もいました。(まるでカニに遊ばれているみたい!)
そんなかわいい子どもたちの姿に、職員も思わず童心に返っていました。


フレンズの夏休み 外出②~お買い物に行こう!~
おうちの方からおこづかいをもらって、百円ショップへお買い物に行きました。
職員から子どもたちに「今日の午後に食べるおやつを買いに行きます」と説明があり、お菓子売り場の写真を見せてもらうと、どれにしようかな…と嬉しそう。そして真剣に悩む子どもたち。きっと、いつもおうちの方と行くお買い物とは違って、特別な感じがしたのでしょうね。それはおうちの方も同じようで、保護者へ事前に説明をした時に、「楽しみです!うちの子はどんなものを選ぶのかしら…?」とおっしゃっていました。
お店では、初めての場所や雰囲気に少し驚いた子もいましたが、自分が気に入ったお菓子を選んで買い物をすることができました。
初めての経験を積み重ねていくことで、子どもたちも成長していきますね。


フレンズの夏休み 外出③~田町緑地公園~
雨がぱらつく中、ダメもとで出発!
現地付近に着くまで降り続き、これはダメかな…とあきらめかけていたその時、晴天の神様が願いをかなえてくれました!!今まで厚い雲に覆われていた空が一気に青空に変わったのです。日頃の行いですね♪(笑)
小川はちょっぴり冷たかったですが、パシャパシャ楽しく遊ぶことができ、水遊びを満喫してきました。

1294 (200x150)






DSC00803





DSC00831



鈴木
 2014年7月18日おすすめの公園

レンズから草薙方面へ車で20分ほど走ったところに、熊野公園があります。

その公園には、鉄棒やブランコ、砂場、すべり台はもちろん、トンネルのジャングルジムや、飛行機のアスレチック(運転席付き)など、子どもたちの魅力的な遊具がいっぱい!!

公園に着くと、早く遊びたい!!と、みんな目をキラキラさせています。

中でも飛行機のアスレチックは一番人気。運転席は2つあり、「◯◯ちゃ~ん!(おいで~)」と、お友だちを誘って一緒に運転気分を味わったり、通路から「お~い!」と、遠くにいる職員に手を振ったりして楽しんでいます。

また、公園の前にはJR線が走っていて、手を振ると警笛を鳴らしてくださる運転手さんもいて、子どもたちも大喜び。

みんなそれぞれに遊びを満喫して帰ってきます。

みなさんもぜひ、足を運んでみてくださいね!

DSC_1833



鈴木
 2014年07月17日

あ~した てんきに しておくれ~

梅雨で雨が続くと、子どもたちも「さんぽ、いけないね…」と寂しそう。

そんな日に楽しくなっちゃう遊びがあります。

みなさんお馴染みの「てるてるぼうず」の歌を使った役交代の遊びです。

 

内側にイスをまるく並べて座り、鬼をひとり決めます。

鬼は、てるてるぼうずを持ちながらみんなの前を歩き、みんなは鬼の名前2文字取って「○○ぼうず」の中に入れて歌います。(はなこさんが鬼の場合、「はなはなぼうず」と歌う)

歌い終わったところで、鬼の目の前にいるお友だちと役を交代します。

 

自分の名前が歌になる面白さと、役がまわってくるかもしれないワクワクで、楽しさいっぱいの子どもたちでした!

 

早く梅雨が明けるといいですね…

 

DSC00633



鈴木
 2014年6月9日 遠足に行ってきました!
学校の運動会の代休を利用し、谷口北公園に遠足に行ってきました。前日に子どもたちと一緒に公園内マップ作りをして、公園にどんな遊具があるのかを確認すると、「あしたえんそくだね!」とワクワクしていました。30分のドライブをして公園に到着すると、「早く遊ぼうよ!」職員の手を引っ張って一緒に遊んだり、自分が遊びたい遊具を満喫しました。遊んだあとには、お待ちかねのお弁当!みんなで初めて公園で食べました。外で食べるお弁当は格別に美味しかったね♪
photo01


photo02


投稿:鈴木

 2014年5月12日 

フレンズ ボウリング大会開催!


土曜日にボウリング大会を開催しました。

職員からカードを受け取りボールと交換。友だちの声援を受けるなか、ピンを狙って…投球!!

4年生、2年生のお兄さんにスタンプ係をお願いして、倒れた数だけスタンプを押してもらいました。

活動が終わってもまだまだやりたい子どもたちは、自分たちで係をやり始めました。

職員の真似をしながらピンを直し、数を数える子もいて大爆笑!!

 

真似て育つ子どもたち。日々の生活が成長につながっていますね!


DSC00166



鈴木
 2014年5月8日 

こいのぼりを作ったよ!!


共同製作として、大きな紙でこいのぼりを2匹作りました。

6色の絵の具を使ってのびのびと筆(タンポ)を動かしていた子どもたち。色を変えてじっくり取り組む姿が見られました。出来上がったこいのぼりは、5月いっぱいまでフレンズのホールの中をおよいでいます。

また、個別活動としてミニこいのぼりも製作し、ちょっぴり難しいハサミにも挑戦。線をよく見ながら切りました。目玉のシールも自分で貼り、ヒラメのようになっていたり、しっぽを口に見立てていたり、「口のシールをちょうだい!」と職員に要求して貼ったり、その子らしいこいのぼりが完成しました。

 

q   あ



鈴木
 2014年4月2日 

放課後等デイサービス フレンズ 開所しました!

平成26年4月1日より、放課後等デイサービス フレンズが開所しました。

新しい環境、出会いに、職員も子どもたちも少し緊張気味ではありましたが、触れ合い遊びやごっこあそび、体操、散歩など毎日の生活を繰り返していくうちに、今ではすっかり馴染んでくれています。

友だちや職員とのかかわりや遊びを通し、「いれて。」「いいよ。」「どうぞ。」「ありがとう。」などやりとりをしていくことの楽しさを感じていき、子どもたちの生活や遊びが広がっていけるといいなと願っています。

これからみんなで楽しい思い出をたくさんつくっていこうね♪

 


DSC00074

DSC00075



鈴木
ページの先頭へ戻る